FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ

RSS Rリーダー
NEWS!

SBIFXトレードが、ドル円のスプレッドを0.27銭固定に!

外為どっとコムが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

LION FXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

JFX[マトリックス]が、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

みんなのFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

YJFX![外貨ex]が、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

FXブロードネットが、ドル円のスプレッドを0.3銭変動に!

PICK UP!

SBIFXトレードとタイアップ実施中(ZEROおすすめ本)

アイネット証券とタイアップ実施中(ZEROおすすめ本)

インヴァスト証券[トライオートFX]とタイアップ実施中(最大15000円キャッシュバック)

JFXとタイアップ実施中(2000円キャッシュバック)

ヒロセ通商とタイアップ実施中(2000円キャッシュバック)

カテゴリ別アーカイブ: その他通貨

【新興国は本当に買いなのか?】米大手ヘッジファンドなどがこぞって好機と捉えているが・・・「危ない橋」にしか見えません。近づかないほうが無難でしょう。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20160307ダウ先物週足チャート 20160301外為オンライン
◇売り叩かれていた新興国は「今が買い場」との報道が目立ってきました。原油価格がダブルボトムをつけ反転上昇している事や、WTIで20ドル台に入った時の産油国側の対応から見て大きく下げるリスクは無くなった。ドル高は終わりなので新興国は買いとの根拠が目立っています。本当にそうでしょうか?低金利でみんな運用難なのは理解できますが、破綻しそうな国へ破綻しそうなタイミングで投資するというのは実に大胆な戦略です。個人的にはBRICsで言えば、BRICsブームで資金が流入しバブルを形成している最中。これが買い場だったと思います。すでにバブルは弾けたが破綻していないというタイミングはハイリスク・ハイリターンでしかありません。ヘッジファンド側が勝つかもしれませんが、とても危険な賭けです。為替でも対ドルのレアルやルーブルやペソを見てしまうと買いたくなる(歴史的チャンスに見える)のは頷けますが、危険過ぎる賭けは厳禁でしょう。新興国が連鎖的に破綻すれば決済さえも覚束ない市場です。個人投資家こそドル、円、ユーロ、ポンド、豪ドルまでの(流動性の高い)組み合わせでしっかり稼ぐべきです。おそらく欧州債務危機で旨みを得た投資家がまた2匹目のドジョウという事でしょうが、一部の破たん状態に引きずられた破綻しない欧州大国の債権と今回の賭けとは全然「質」が違うので気を付けましょう。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【ポンド急落】BOEインフレレポート受け早期利上げ観測大幅後退!今晩22:30米10月雇用統計の発表あるが・・・。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151106ユーロポンド日足チャート 20151106外為オンライン
◆5日は21:00にBOE政策金利発表、BOE議事録、BOE四半期インフレレポートと同時に発表されました。早期利上げ観測大幅後退によりポンドが急落しています。米国とは対照的に英国中銀は「利上げを急がない」というスタンスを表明してきました。昨日の為替市場は英中銀のイベントのみだったと言っても良いかと思います。今晩は22:30に米10月雇用統計が発表されます。非農業部門雇用者数18.5万人増、失業率5.0%、平均時給+0.2%となっていますが、過去のように利上げ時期を判断する雇用統計ではありません。ドル相場の反応も一時的になるかもしれません。11/6と12/4の米雇用統計は久しぶりに注目度の低いイベントとなりそうです。投資家の注目度が下がっている理由は、FRBがすでに12月利上げ開始を既定路線としているからです。投資家らは「雇用統計が多少悪くても12月利上げ開始」というコンセンサスで今の相場をやっていますから、結果が多少予想と乖離しても相場は盛り上がらないでしょう。注目は発表〜NYクローズまでの値動きでユーロドルが下髭を作るかどうかに注目しておきます。12月利上げが既定路線である以上は、その「織り込み度」以外に関心は無いはずです。
→ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【ダウ165ドル高】ECB当局者発言でもユーロは売り優勢!当面ユーロ弱く対ポンドでの反転が不可欠か?RBAキャッシュターゲットに注目!

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151103豪ドル米ドル週足チャート 20151103外為オンライン
◆2日のNYダウは165ドル高、17,828ドルへ上昇しています。米国株は8月チャイナショックを完全に脱し、12月利上げへ重要指標を確認するだけとなっています。ドルインデックスは97.0ポイントで高止まり。12月までドル高→来年ドル安と見ています。ユーロはECBドラギ総裁とノボトニーオーストリア中銀総裁が追加緩和に慎重な姿勢を見せたことで一時買われましたが、特に対ポンドで売りが優勢となっており下押しが終わっていません。ユーロはまだまだ下落しそうです。本日は東京市場が休場、12:30豪RBAキャッシュターゲットが発表されます。利下げの有無と声明文で利下げ示唆や、豪ドル安誘導があるかどうか注目しています。豪ドル関連では、明日4日も9:30豪9月貿易収支、豪9月小売売上高が発表されます。豪ドルの値動きに注目しておきます。米10月ISM製造業景況指数50.1(予想50.0)と予想と変わらない結果となっています。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【原油安に資源国通貨軟調】ユーロも買えず全体的に円高。ドル円120円台前半へ反落、今晩FOMC声明、30日日銀会合を待つ展開。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151028豪ドル米ドル週足チャート 20151028外為オンライン
◆27日の為替市場は原油安を受け資源国通貨が軟調、12/3追加緩和を表明しているユーロは上値重く全体的に円が買われています。ドル円は結局120円台前半まで反落、今晩夜中3時に発表されるFOMC声明を待つ展開です。投資家は声明の内容から12月利上げの有無を探ることになり、タカ派であればドル買い、ハト派であればドル売りでの反応になるでしょう。その後は30日に注目を集めている日銀金融政策決定会合で追加緩和があるかどうかに関心が移りそうです。ECBは22日に態度をはっきりさせており、12/3追加緩和を宣言済み。残る日米中銀がどうするのか注目が集まっています。個人的には日銀は11月か来年1月に追加緩和と予想しています。経済指標は、米9月耐久財受注-1.2%(予想-1.5%)、除輸送用機器-0.4%(予想0.0%)、米8月S&Pケースシラー住宅価格指数+5.09%(予想+5.10%)、米10月消費者信頼感指数97.6(予想102.9)、米10月リッチモンド連銀製造業指数-1(予想-3)でした。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【上海株3%安】資源国通貨軟調!今晩20:45ECB金融政策発表、21:30〜ドラギ総裁会見、ユーロ相場の乱高下に注意!重要な1週間がスタート。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151022豪ドル米ドル週足チャート 20151022外為オンライン
◆21日の為替市場では資源国通貨が軟調に推移しました。上海総合指数が3%超の下落、カナダ中銀は成長予測引き下げでカナダドルが売られています。豪ドルやNZドルも軟調。ドルインデックスは小幅上昇し95.07ポイント。ユーロは上値重いものの大きな動きなく今晩のイベントを待っている状態です。今晩は20:45ECB金融政策発表、21:30〜ドラギ総裁会見と大きなイベントを迎えます。この時間帯はユーロ相場が乱高下しそうですが、ドラギ総裁が何を発言するか次第となっています。緩和拡大へハト派的な発言となればユーロは急落となるでしょうし、緩和拡大は時期尚早との見方であればユーロ急騰となりそうです。今週はECBが一番のイベント、来週の日銀金融政策決定会合へ向け重要な1週間がスタートします。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【潮目変わったか】今年も10/15で方向変わる!NYダウや豪ドルがじり高基調、ややリスクオンムード戻ったか?ノボトニー発言にユーロ急落!

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151016豪ドルドル週足チャート 20151016外為オンライン
◆15日はノボトニーオーストリア中銀総裁の発言を受けユーロが急落しました。ノボトニー総裁は「追加的な手段が必要なのは極めて明白」と追加緩和を示唆し、インフレ率については「明らかに目標に達していない」と発言しています。ECB当局者は直前まで「追加緩和は時期尚早」との発言を繰り返していたことから、今回突然正反対の発言に変わったことで一気に追加緩和期待へ変わりました。来週22日のECB理事会へ向けて売り込まれそうな雰囲気です。ドル円は118.06で底打ちし、NYダウや豪ドルがダブルボトムとなっていることを考えると、チャートからはリスクオンムードが戻って来そうな雰囲気です。そうなればドル高+円安+ユーロ安の可能性が高まります。昨年同様に10/15に潮目が変化したのかもしれません。ドルインデックスは94.43へ上昇しています。経済指標は豪9月新規雇用者数0.51万人減(予想0.96万人増)、豪9月失業率6.2%(予想6.2%)、米新規失業保険申請件数25.5万件(予想27.0万件)、米10月NY連銀製造業景気指数-11.36(予想-8.00)、米10月フィラデルフィア連銀景況指数-4.5(予想-2.0)、米CPIは予想より強い結果となっています。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【FRB当局者一斉にハト派へ】米10月利上げ観測は消滅、買収話とCPIで英ポンド急反落、中国輸入大幅減に豪ドルも急落!WTI原油46.66ドル軟調。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20151014豪ドル米ドル日足チャート 20151014外為オンライン
◆13日は中国貿易統計が発表され輸入が20.4%減となり豪ドルが急落しています。またWTI原油も46.66ドルと軟調、原油在庫増懸念で下げておりこれも豪ドルを押し下げています。直近の豪ドルは反発基調が強まっていたものの、こういった悪材料には事欠かない環境で逆風に耐えられるか注目しています。豪ドルは当面上げ続けず下げ続けないレンジ相場を予想。英ポンドが荒い値動きとなり、先日報道されたインベブによるSABミラー買収ばなしで上昇した後は、英9月CPIマイナスを受け急反落しています。買いが溜まっていたところで悪材料となりました。米ドルは米当局者からようやくハト派の発言が目立つようになり、10月利上げ観測はほぼ消滅しています。9月FOMC直後には「臨時会見を開いて10月利上げの可能性ある」と発言したいただけにかなりハト派に傾いたと言えるでしょう。本日も米中で経済指標が発表されます。21:30米9月小売売上高に注目しておきます。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

【ギリシャ5月末がヤマ場】ユーロ安で恩恵のドイツに妥協の理由なし!ギリシャが追加支援を受けるために妥協か?ポンド堅調、NZドル軟調。

※保有ポジション、投資戦略はメルマガで配信しています。ブログでは取引明細で公開しています。
20150512TNZドル円日足チャート 20150512外為オンライン
◆11日はユーロ圏財務相会合が開催されたものの進展は無し、今後数週間で合意したいとのこと。6月末までの支援延長を受けるには5月末には合意できていないと「事務的に間に合わない」とのことで、向こう3週間以内に合意かデフォルト懸念浮上か結論が出ていることになります。ギリシャは追加融資がないと月末の公務員給与や年金の支払いに不安が生じます。ギリシャ側の妥協で合意となりそうです。いずれにしてもギリシャ関連は一旦忘れられても油断せず警戒しておくべきでしょう。英国では「拮抗している」との予想に反し、キャメロン政権がしっかり勝ち継続への安心感が広がっています。BOEも次の行動は利上げと言っておりポンドが急激に買われました。一方でNZドルは利下げ観測の浮上に売り込まれています。一時90円台で並んでいた豪ドル円とNZドル円は一気に6円の価格差となっています。 →ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。


驚きの低コスト!GMOクリックFX


■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。









※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

トップに戻る

低コストで有利な口座は?

高スワップ金利を狙おう!

キャッシュバックランキング

対象期間:〜2月1日

過去ログ

最新記事
月別アーカイブ

運営者プロフィール

profile ■トレードは「売り」でも勝てないと生き残れません。5年10年と長いスパンで勝ち続けるために必要な事をトレーダー目線でお伝えしています。 現在はスイングトレードのみポジションを「有料メルマガ」にてリアルタイム配信、ブログでも「取引明細」をすべて公開しています。デイトレードは非公開、長期投資はしていません。100%差益(キャピタルゲイン)狙いです。


連絡先:daytraderzero◆live.jp
(◆を@マークに変更してください)
※ご質問・ご要望に関しては、頂くメールの数が多いため、個別に返信はしておりません。

ZEROの最新刊!

ZAiが作ったFXのチャートがみるみるわかる本 億超えFXバカ勝ちトレーダーの裏ワザ10連発!!!
一番売れてる投資の雑誌ザイが作った最速でわかる!使える!FX入門即!実践編 一番売れてる投資の雑誌ザイが作った10万円から始めるFX超入門―初心者は1000通貨で安心スタート

雑誌・書籍に掲載されました

トレード手法を学ぶ!

FX取引会社スプレッド比較

米ドル/円0.27銭原則固定

米ドル/円0.3銭原則固定

米ドル/円0.3銭変動

米ドル/円0.4銭原則固定

米ドル/円0.5銭原則固定

米ドル/円0.6銭原則固定

米ドル/円0.7銭〜1銭

米ドル/円0.9銭原則固定

米ドル/円1銭原則固定

くりっく365

株もFXも両方有利

※スプレッド原則固定は例外あり

為替ニュース&情報ソースなら

なんで動いた?昨日の相場

なんで動いた昨日の相場

マット今井氏など最強執筆陣が送るザイFX!コラム「なんで動いた?昨日の相場」担当中!

兵ブロガーの週間相場予想

*

外為オンライン社「兵ブロガーの週間相場予想」担当中!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!

【会員制】ブログ情報以上の投資戦略や手法を詳しく解説!相場急変時にも随時配信しています。
→詳細はこちら。

※当サイトは全ページリンクフリーです。相互リンクに関してはスペースの関係上受付しておりません。
為替ブログ